季節の変わり目 ニキビ 対策

季節の変わり目に、ニキビが悪化する理由と対策方法!

こめかみ ニキビ

 

季節の変わり目になると、ニキビができやすくなったり、悪化する事はありませんか?

 

普段は顎周りにニキビが出来やすい私ですが、暑さが増してくる春から夏になると、いつもはあまりできないこめかみや、おでこにポツポツと現れるニキビに悩まされます。人によってできやすい時期や部位は違うと思いますが、苦痛なのは一緒ですよね。

 

実は、肌は外部環境によって変化していて、同じ化粧品を使い続けても季節によってニキビが悪化することがあります。その変化が現れる時期こそ、季節の変わり目です。

 

つまり、季節の変わり目を意識したケアをすれば、ニキビの悪化を防ぐことができるというわけです。そこで今回は、季節の変わり目にニキビができる理由や対策、おすすめの化粧品を紹介します!

 

(written by 管理人ゆき/30代/敏感肌)

季節の変わり目別・ニキビができる理由

冬から春の原因:環境の変化と花粉

人間の体には、意識をしなくても勝手に働いて健康を保ってくれる自律神経があり、それによって内臓や皮膚、血液などはコントロールされています。しかし、ストレスや睡眠不足、体調が悪くなると自律神経は乱れやすく、肌では皮脂の過剰分泌が起こり、薄い角質が厚くなっていく時期です。

 

ニキビは多くなった皮脂が毛穴につまることでできるため、自律神経を整えることは大切です。しかし、季節の変わり目の中でも冬から春になる時期は、進学や就職など生活環境の変化によって、自律神経が乱れやすくなり、ニキビが悪化することがあります。

 

また、花粉の季節も重なるため、肌につくと刺激になることがあります。私は花粉症じゃないから大丈夫!と安心はできません。

春から夏の原因:徐々に増える紫外線量

春から夏は紫外線量が少しずつ増える季節であり、肌のバリア機能が徐々にダメージを受けていきます。バリア機能が低下しているところに紫外線が当たると、肌は自分を守ろうとして角質を厚くさせ、毛穴がつまりやすくなります。また、汗もかきやすい季節であり、皮脂の分泌量が増えることもニキビが悪化する原因です。

夏から秋の原因:夏の疲れと暑さ

夏から秋は夏の疲れが出やすく、体調を崩しやすいため、自律神経が乱れやすくなります。また、紫外線量はピークとなるので、春から夏に比べても角質はさらに厚くなって、剥がれ落ちにくくなります。さらに、冷房によって肌の乾燥が進み、一年の中でも最もニキビができやすい時期です。

 

大人ニキビは乾燥が大きく関わっていて、肌が乾燥すると、これ以上水分を失わないように皮脂の分泌量が増えます。乾燥で皮脂も増えているところに汗も加わり、紫外線によって角質が厚くなっているので毛穴がつまってニキビが悪化します。

秋から冬の原因:寒さによる乾燥と体調不良

秋から冬は寒さが強まるため、肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下し、角質が薄くなります。化粧水がしみたり、冷たい風に当たるだけでもヒリヒリする方もいると思います。肌は潤いを保つために皮脂を分泌させるので、毛穴がつまりやすくなります。

 

また、免疫力が低下して風邪などをひきやすい季節であるため、自律神経が乱れることが多く、ニキビが悪化しやすくなります。

季節の変わり目に行いたい!ニキビ対策

季節の変わり目を肌の変化で表すと、角質の厚くなる季節と薄くなる季節で分けることができます。

  • 角質の厚くなる季節:春〜夏、夏〜秋
  • 角質が薄くなる季節:秋〜冬、冬〜春

角質の厚さが違うのに、一年を通じて一緒なケアを続けていてはニキビが悪化する一方です。例えるなら、一年を通じて半袖を着ているようなもので、冬は寒さに耐えられませんよね。

 

気温によって服装を変えるように、季節の変わり目は角質の厚さによってニキビ対策を変えていきましょう

角質が厚いときのニキビ対策(春〜夏、夏〜秋)

化粧品はピーリングと水分補給を重視

 

春から秋にかけてはバリア機能が低下した肌を守るために皮脂量が増え、紫外線量も多いのでターンオーバーが乱れがちです。大人ニキビの原因の一つにターンオーバーの乱れがありますが、春から秋にかけては角質が厚くなってさらにひどくなるため、古い角質を除去するケアがおすすめです。

 

手軽にできるのはピーリングで、洗顔で行うと手間もかからずできるので良いですよ。拭き取りタイプのピーリングもありますが、強くこすると肌に刺激となることもありますし、ニキビができている場合は悪化する可能性があるのでおすすめできません。

 

春から秋は皮脂量も多くなる時期なので、顔がべたついて何度も洗顔したり、あぶら取り紙を頻繁に使っている方もいると思います。しかし、皮脂の取りすぎは大人ニキビにとっては良いことではありません。

 

べたつきの裏で肌は乾燥しているので、皮脂を取りすぎると余計に乾燥が進んでしまいます。皮脂の除去よりも、肌内部に水分を補うケアを心がけることで、油分と水分のバランスがとれます。

 

角質が厚いと水分は補えないので、ピーリングをしてから水分補給をしてくださいね。

生活で気をつけること

春から秋は紫外線のダメージを受けやすい時期なので、日焼け止めなどを使って紫外線対策を行いましょう。日焼け止めは必要以上に数値の高いものにこだわる必要はなく、SPF30、PA++程度で十分日中の紫外線はカットできます。

 

ニキビができやすい方がこだわりたいのは、「肌に負担の少ないこと」と「ニキビができにくい」つくりであることです。パッケージに「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」と表記されたものは肌に負担が少なく、「ノンコメドジェニック」と表記されたものはニキビができにくいつくりになっています。購入する際はチェックしてくださいね。

 

角質が厚くなる時期の中でも、特に夏は長時間メイクしたままの状態は避けた方が良いです。汗や皮脂、メイクの油分も加わって、ニキビができやすくなります。メイクをしても帰ったらすぐに落とす習慣をつけましょう。

角質が薄いときのニキビ対策(秋〜冬、冬〜春)

化粧品はバリア機能重視

 

乾燥は大人ニキビの大きな原因の一つであるため、一年を通して保湿を心がけるよう言われます。特に秋から春までは風が冷たく、空気が乾燥しているのでバリア機能が低下し、肌は乾燥しやすくなります。春から秋も乾燥はしますが、皮脂や汗の分泌量が多いので油分に困ることはなく、バリア機能で重視するのは水分です。

 

一方、秋から春は水分も皮脂量も少ないので、両方をしっかり補ってバリア機能を強化する必要があります。バリア機能を担っているのは次の3つです。

  1. セラミド:バリア機能の主力で、角質細胞の隙間を埋めてくれる働きがある。
  2. 天然保湿因子:角質細胞の水分を保持する働きがある。
  3. 皮脂膜:肌内部の水分が蒸散しないよう、油分の膜で閉じ込める働きがある。

角質の薄い時期は、これらを積極的に肌に補うケアを心がけましょう。

生活で気をつけること

秋から春は気温が急に下がったと思ったら、上がったりするので体調が崩れやすく、免疫力が低下しやすい時期です。免疫力が落ちると、アクネ菌が増殖してニキビが悪化する原因になるので、体調管理に気をつけましょう。

 

冬から春は気温差に加えて、花粉が飛ぶ時期でもあるので、免疫力が低下しやすくなります。花粉症じゃなくてもマスクなどで花粉対策を行い、外から帰ったら洗顔や入浴などで花粉を落とすようにしましょう。

 

また、この時期は異動などによって環境が変わる時期でもあるため、人間関係にも変化が現れます。慣れない環境がストレスになることもあるため、自分なりの発散方法でストレスを溜めないように心がけることも大切です。

季節の変わり目におすすめのニキビケア化粧品

季節の変わり目に行いたいケアのポイントを押さえた、おすすめの化粧品を紹介します。

角質が厚い時期(春〜夏、夏〜秋)におすすめ!ノブACアクティブシリーズ

 

ノブACアクティブシリーの各アイテムには、ピーリング成分やニキビに有効な成分が配合されており、保湿成分も充実しているので、まさに角質が厚い時期にはぴったりの化粧品です。

 

中でも洗顔料のノブACアクティブウォッシングフォームは、AHAとBHAの2つのピーリング成分を配合していて、角栓や古い角質をすっきりと除去してくれます。私は使用して数日後には、モロモロとたくさん取れてくるのが分かりました!

 

毎日でも使えるほど優しい作りなので、刺激感やツッパリ感はなく、ツルツルの肌になりますよ。ピーリング成分以外にも炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kや、ニキビ予防・鎮静に効果のあるビタミンC・E誘導体が配合され、ニキビ肌のことを考えた洗顔料なんです。

 

ノブACアクティブシリーズの乳液やクリームには、シミを薄くしたり肌の弾力を与えてくれる成分も配合しているので、ラインで使うと大人ニキビを改善に導いてくれるだけでなく、美肌ケアも同時にできます。

 

どのアイテムも保湿力はあって潤うのに、べたつかない使用感も角質が厚い時期には使いやすいと思います。また、この時期に使うことで、シミやシワといった肌ダメージの軽減にも役立ちますよ。

 

ノブACアクティブを使った口コミはこちら→

角質が薄い時期(秋〜冬、冬〜春)におすすめ!エトヴォスモイスチャーライン

 

エトヴォスモイスチャーラインは、肌のバリア機能強化では右に出るものはないのでは?と思うくらい、バリア機能を高める成分にこだわったラインです。元々エトヴォスはセラミドを重視したブランドで、化粧品には人の肌に最も近い複数のヒト型セラミドを肌の構造と同じように配合しています。

 

エトヴォスモイスチャーラインの化粧水は水溶性のセラミドですが、その他の洗顔石鹸や美容液、クリームで複数のヒト型セラミドを補うことができます。また、化粧水や美容液には天然保湿因子、クリームでは皮脂の成分に近いホホバオイルなどが配合されているので、ライン使いすることでバリア機能を担う全ての成分が揃います

 

どのアイテムも保湿力は高く、使用中は乾燥や刺激感はありません。私がエトヴォスモイスチャーラインを使ったのは、角質が厚くなる時期だったのでクリームは重く感じましたが、薄い時期にニキビが悪化する方にはライン使いがおすすめです。

 

角質の厚い時期もバリア機能は低下しているので、水分は積極的に補いたいところです。油分の多いクリーム以外のアイテムを使って、水分補給をするのも良いと思います。

 

エトヴォスモイスチャーラインを使った口コミはこちら→